© 物流不動産プレイヤーのための情報ポータルサイト イーカーゴ All rights reserved.

「クルマを売る会社」ではなく「移動を売る会社」へ。トヨタの「e-パレット」がスゴイ【物流不動産ニュース】

トヨタがラスベガスで行われたCES2018に出展した「e-パレット・コンセプト」が、なんだかスゴイらしい。
 

可能性は無限大! トヨタ自動車が運搬用EV「e-Palette Concept」を発表

移動、物流、物販など多目的に活用できるモビリティサービス(MaaS)専用のEV(電気自動車)で、トヨタは人々の暮らしを支える新たなモビリティを提供したいと開発を進めています。
単なるシャトルバスや運搬トラックの代わりではなく、使用目的により移動するショップやオフィス、レストランやカジノなどなど、アイディア次第で何にでも使用が可能なんです。

 

トヨタ「e-パレット」は世界をどう変える? 社会通念を揺るがすそのポテンシャルとは

世界各地で無人EVによる、新サービスがスタートすれば、世の中のクルマに対する見方にも変化が生まれることでしょう。呼べば自動で自分のもとに走ってきて、目的地まで送ってくれる。この新サービスが、便利で簡単で低コストであれば、当然、多くの人が利用するようになります。また、ライバルもトヨタの独占を許すわけもありませんから、競合するサービスが登場するはず。競争があれば、進化も進み、さらに便利に低コストになります。そうなれば、クルマは「所有するもの」ではなく、「利用するもの」という考えが広まる可能性は大きいでしょう。そしてその先では、自動車メーカーは「クルマを売る会社」ではなく、「移動を売る会社」となるかもしれません。

 
 
鉄道にせよ、自動車メーカーにせよ、もしくは運送にせよ、いずれも「移動」そのものを売るビジネスではないわけです。この「e-パレット・コンセプト」は、移動をビジネス化するためのプラットフォームであり、その「使い道」=「ビジネスの形」は、ビジネス・キャリアのアイディア次第というわけですな。
とは言っても、やっぱり無人配送としての可能性にドキドキワクワクしちゃうのは、物流屋さんの性なんだろうか??

イーカーゴの親会社、秋元運輸倉庫のメルマガでは、空飛ぶドローン物流の可能性について否定しちゃいましたが、この地をはうドローン=「e-パレット・コンセプト」こそが、現在の個配に代わる無人配送の可能性だと思っています。

詳しいその内容は、トヨタのニュースリリースも御覧くださいね。
「トヨタ自動車、モビリティサービス専用EV “e-Palette Concept”をCESで発表」
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/20508200.html

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自動運転車初の死亡事故

自動運転車が、死亡事故を起こした!!

2018年3月18日、公道にて走行実験中の自動運転車が死亡事故を起こしました。 自動運転車としては、初の死亡事故となります。  …

ところで自動運転車って、いくらするの??

RoboCar MiniVan Autowareパッケージ 2,380万円(税別)~ RoboCar HV Autowar…

隊列走行

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート【物流不動産ニュース】

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート 高速道路において、複数のトラック製造者…

首都圏大型物流施設の空室率は4.9%と好調【物流不動産ニュース】

CBREが三大都市圏の賃貸大型物流施設の市場動向(2017年第4四半期)を発表首都圏の空室率は4.9%に低下、5%を下回るのは2015年Q3…

物流に「あい」を!? 【物流不動産ニュース】

「物流にAIを」篇|テレビCM|広告・協賛活動|大和ハウスグループ 年末年始、こたつで…

ページ上部へ戻る