© 物流不動産プレイヤーのための情報ポータルサイト イーカーゴ All rights reserved.

ドローンの天敵 【物流不動産ニュース】

ドローン宅配県が実証実験 買い物弱者に対応 (大分合同新聞)

https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/12/10/JD0056426083

大分県は本年度、ドローン(小型無人機)による宅配の実用化に向けた実証実験を佐伯市宇目の山間地で始める。交通手段のない高齢者などの「買い物弱者」問題に役立てる狙い。初年度は導入する上での技術や制度面の課題を洗い出し、調査研究を進める。(中略)
神崎忠彦県商工労働部長は「10キロ規模の荷物を運ぶ大型機体の開発、ビジネスモデルの確立を実現し、大分発で九州、全国に広げたい」と話した。

 

なにかと話題のドローン物流、期待値ばかりが先行している気がしていましたが、このニュースの大分、そして茨城など各地でドローンの検証実験が始まりつつあります。
ところで、ドローン物流の天敵ってなんだと思います?
強風や雨などの天候?
確かにそれも強敵。だけど、天候は「悪い時は飛ばさなきゃいい」だけなので、本当の意味での天敵にはなりえないかと。

正解は、鳥。バードストライク、つまり鳥とドローンが衝突することによって、ドローンが墜落することです。
このニュースだって、10kgの荷物をドローンで運ぶって言うんでしょ?。10kgが空から降ってきたら、そりゃ怖いですわな…

マラソンなどの野外スポーツ中継で、ドローンが本格導入されない理由もここにあるらしいです。そりゃ、沿道で応援する観客の上にドローンが墜落したら大変だし。

今のところ、バードストライクを避ける技術はないらしい。でも、鳥同士が空で正面衝突することなんてあるだろうか?? 鳥の方で、ドローンを避けてくれないのかな?
ドローン物流の普及に向け、ホントのところの障壁は、このあたりにあるのかもしれません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自動運転車初の死亡事故

自動運転車が、死亡事故を起こした!!

2018年3月18日、公道にて走行実験中の自動運転車が死亡事故を起こしました。 自動運転車としては、初の死亡事故となります。  …

ところで自動運転車って、いくらするの??

RoboCar MiniVan Autowareパッケージ 2,380万円(税別)~ RoboCar HV Autowar…

隊列走行

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート【物流不動産ニュース】

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート 高速道路において、複数のトラック製造者…

首都圏大型物流施設の空室率は4.9%と好調【物流不動産ニュース】

CBREが三大都市圏の賃貸大型物流施設の市場動向(2017年第4四半期)を発表首都圏の空室率は4.9%に低下、5%を下回るのは2015年Q3…

「クルマを売る会社」ではなく「移動を売る会社」へ。トヨタの「e-パレット」がスゴイ【物流不動産ニュース】

トヨタがラスベガスで行われたCES2018に出展した「e-パレット・コンセプト」が、なんだかスゴイらしい。 可能性は無限大…

ページ上部へ戻る