© 物流不動産プレイヤーのための情報ポータルサイト イーカーゴ All rights reserved.

AIによる需要予測で過剰在庫の削減へ、物流スタートアップのニューレボが5000万円を調達【物流不動産ニュース】

AIによる需要予測で過剰在庫の削減へ、物流スタートアップのニューレボが5000万円を調達

http://jp.techcrunch.com/2017/12/20/newrevo-fundrasing/

通販事業者向けのクラウド在庫管理システム「ロジクラ」を提供するニューレボ(New Revo.)は12月20日、ジェネシア・ベンチャーズを引受先とする第三者割当増資により総額5000万円を調達したことを明らかにした。
同社はこれまでにも2016年9月にF Venturesから、2017年8月にDGインキュベーションから資金を調達。今回新たに調達した資金をもとに、データ収集や機械学習の精度向上・体制強化を進め、AIを用いた需要予測機能などプロダクトの拡張を進める。

(中略)
現在のロジクラでは上述したようなクラウド在庫管理機能のみを提供しているが、目指しているところはもう一歩先。蓄積された在庫データなどを解析することで、在庫の需要予測までできるシステムだ。
(中略)
そこでロジクラでは在庫管理システム上に蓄積された在庫・販売データと、景気動向や天気など外部のデータを組み合わせて解析。企業ごとに最適化された需要予測ができる機能を構築する計画だ。

 

「”ビッグデータ”とか、”えーあい”とか、なんのことだかわかんねーよ!」

新橋あたりに行くと、こんなことをぼやいているおじさんがいそうだけど、時代はどんどん進んでいます。
需要予測システムそのものは昔からあったけれども、その多くは販売に対する需要予測。在庫に対する需要予測システムは、まだまだ未開の地です。そもそも、「過剰在庫」の定義って正解があるようで無いし、難しいんだろうな。

ほんの数年前、聞いたことのないベンチャーからビッグネームのシステム屋まで、猫も杓子も運行管理システムやら動態管理システムを作った時期があったけど、在庫需要予測システムもそんなことになりそうな気がする。

これからどんなサービスが生まれてくるのか、ちょっと楽しみです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自動運転車初の死亡事故

自動運転車が、死亡事故を起こした!!

2018年3月18日、公道にて走行実験中の自動運転車が死亡事故を起こしました。 自動運転車としては、初の死亡事故となります。  …

ところで自動運転車って、いくらするの??

RoboCar MiniVan Autowareパッケージ 2,380万円(税別)~ RoboCar HV Autowar…

隊列走行

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート【物流不動産ニュース】

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート 高速道路において、複数のトラック製造者…

首都圏大型物流施設の空室率は4.9%と好調【物流不動産ニュース】

CBREが三大都市圏の賃貸大型物流施設の市場動向(2017年第4四半期)を発表首都圏の空室率は4.9%に低下、5%を下回るのは2015年Q3…

「クルマを売る会社」ではなく「移動を売る会社」へ。トヨタの「e-パレット」がスゴイ【物流不動産ニュース】

トヨタがラスベガスで行われたCES2018に出展した「e-パレット・コンセプト」が、なんだかスゴイらしい。 可能性は無限大…

ページ上部へ戻る