© 物流不動産プレイヤーのための情報ポータルサイト イーカーゴ All rights reserved.

ダンボールネタをふたつ「梱包作業の生産性が10倍」&「あえぐ段ボール業界」 【物流不動産ニュース】

梱包作業の生産性が10倍に向上、ヤマトグループが三辺自動梱包機を導入

https://netshop.impress.co.jp/node/4882

ヤマト運輸が誇る厚木ゲートウェイに導入された三辺自動梱包機、日本初のもので、「商品の三辺を自動計測し、商品ごとに最適な段ボールボックスを生成するもの。梱包だけでなく、送り状の発行と貼付も自動で行う」だそうだ。
手作業の10倍働いてくれるっていうんだから、大したもんです。

物流業には欠かせないダンボールですが、こんなニュースもあります。

あえぐ段ボール業界 運送コスト高騰などで苦境

http://www.asahi.com/articles/ASKB17SWMKB1PLFA001.html

段ボールメーカーが「三重苦」にあえいでいる。原材料費と燃料費の上昇に加え、製造した段ボールを配送する運送費も上がっているためだ。業界団体も販売先に対し、異例の改善を求めている。(後略)

ダンボールって、価格勝負な商材でしょうから、厳しいでしょうね。
ダンボールのみならず、梱包・緩衝資材全般、大なり小なり同様の課題を抱えていると聞きます。
先の三辺自動梱包機は、「売って終わり」の価格勝負商材を、継続取引型の提案商材に進化させるアイテムのひとつなんだと思う。

とは言え、三辺自動梱包機なんて、どこの倉庫でも導入できるって代物ではないし。
ダンボール業界の苦境は、しばらく続きそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自動運転車初の死亡事故

自動運転車が、死亡事故を起こした!!

2018年3月18日、公道にて走行実験中の自動運転車が死亡事故を起こしました。 自動運転車としては、初の死亡事故となります。  …

ところで自動運転車って、いくらするの??

RoboCar MiniVan Autowareパッケージ 2,380万円(税別)~ RoboCar HV Autowar…

隊列走行

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート【物流不動産ニュース】

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート 高速道路において、複数のトラック製造者…

首都圏大型物流施設の空室率は4.9%と好調【物流不動産ニュース】

CBREが三大都市圏の賃貸大型物流施設の市場動向(2017年第4四半期)を発表首都圏の空室率は4.9%に低下、5%を下回るのは2015年Q3…

「クルマを売る会社」ではなく「移動を売る会社」へ。トヨタの「e-パレット」がスゴイ【物流不動産ニュース】

トヨタがラスベガスで行われたCES2018に出展した「e-パレット・コンセプト」が、なんだかスゴイらしい。 可能性は無限大…

ページ上部へ戻る