© 物流不動産プレイヤーのための情報ポータルサイト イーカーゴ All rights reserved.

芝浦ふ頭の全景

トラック輸送から海運へのモーダルシフトを加速へ…2020年度に367億トンに向けて関係者が協議 【物流不動産ニュース】

トラック輸送から海運へのモーダルシフトを加速へ…2020年度に367億トンに向けて関係者が協議

https://response.jp/article/2017/11/17/302619.html

国内物流の9割を占めるトラック輸送を海運へ移行するモーダルシフトについては、「交通政策基本計画」に2020年度までに海運へのモーダルシフト貨物を2012年度比10%増の367億トンキロとする目標が掲げられている。ただ、現状では荷主企業における海上輸送に対する認知・理解が広がっておらず、運航情報など、必要な情報も利用しにくい。(後略)

「モーダルシフト」って言葉、独り歩きしている気がします。
お役人や、いわゆる「識者」と呼ばれる方々からすると、「これ、いいじゃん!!」ってことなんだろうけど、現場のボクたちからすると、「いやぁ、そうは言っても…」というのが本音。
物流に限らず、よくある話ですが。

ところで、元ニュースのアイキャッチに使われている画像、イーカーゴ株式会社のいる(つまり筆者がいる)芝浦ふ頭の写真でした。このページに使った画像は私が撮影した写真ですが、元ニュースのアイキャッチに使われている画像と構図そっくり。
それもそのはず、レインボーブリッジの遊歩道から撮影したものだから。考えることは、皆さん同じですね。

ちなみに。
芝浦ふ頭はバラ積み船が中心で、本記事中で挙がっているRORO船やコンテナ船、フェリーなどは基本来ないふ頭なんですけどね。記者の方は、そこまでわからないよなぁ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自動運転車初の死亡事故

自動運転車が、死亡事故を起こした!!

2018年3月18日、公道にて走行実験中の自動運転車が死亡事故を起こしました。 自動運転車としては、初の死亡事故となります。  …

ところで自動運転車って、いくらするの??

RoboCar MiniVan Autowareパッケージ 2,380万円(税別)~ RoboCar HV Autowar…

隊列走行

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート【物流不動産ニュース】

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート 高速道路において、複数のトラック製造者…

首都圏大型物流施設の空室率は4.9%と好調【物流不動産ニュース】

CBREが三大都市圏の賃貸大型物流施設の市場動向(2017年第4四半期)を発表首都圏の空室率は4.9%に低下、5%を下回るのは2015年Q3…

「クルマを売る会社」ではなく「移動を売る会社」へ。トヨタの「e-パレット」がスゴイ【物流不動産ニュース】

トヨタがラスベガスで行われたCES2018に出展した「e-パレット・コンセプト」が、なんだかスゴイらしい。 可能性は無限大…

ページ上部へ戻る