© 物流不動産プレイヤーのための情報ポータルサイト イーカーゴ All rights reserved.

焼け焦げたアスクル三芳倉庫(※鎮火から数日後に撮影)

<アスクル火災>こんなことでいいのか…倉庫管理の子会社を不起訴処分 避難者「処罰ないのはおかしい」【物流不動産ニュース】

<アスクル火災>こんなことでいいのか…倉庫管理の子会社を不起訴処分 避難者「処罰ないのはおかしい」
http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/11/15/02.html

三芳町上富の事務用品通販大手アスクルの物流拠点「アスクルロジパーク首都圏」の倉庫火災で、消防法違反の疑いで書類送検された、倉庫の管理子会社アスクルロジスト(東京都江東区)と、同社の元物流センター長の男性(44)について、さいたま地検は14日、不起訴処分とした。裁定主文は明らかにしていないが、起訴猶予とみられる。地検は処分理由を「会社として組織的、効果的な再発防止策をきちんと講じたことを考慮した」としている。
<以下省略>

2017年、ヤマト運輸の値上げと並んで世間の話題を集めた物流ニュースと言えば、アスクル倉庫の火災だったかもしれません。
火災の発生原因そのものは、お粗末としか言いようのない倉庫内オペレーション。火災を拡大させたのも人的ミス。
結果として、多くの顧客に迷惑をかけたわけですから、今後のASKULの挽回に期待したというところでしょうか?

ちなみに、鎮火した数日後に撮影した同倉庫を撮影した画像が以下。
詳しくは各画像のキャプションでご確認ください。各画像はクリックすると拡大します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自動運転車初の死亡事故

自動運転車が、死亡事故を起こした!!

2018年3月18日、公道にて走行実験中の自動運転車が死亡事故を起こしました。 自動運転車としては、初の死亡事故となります。  …

ところで自動運転車って、いくらするの??

RoboCar MiniVan Autowareパッケージ 2,380万円(税別)~ RoboCar HV Autowar…

隊列走行

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート【物流不動産ニュース】

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート 高速道路において、複数のトラック製造者…

首都圏大型物流施設の空室率は4.9%と好調【物流不動産ニュース】

CBREが三大都市圏の賃貸大型物流施設の市場動向(2017年第4四半期)を発表首都圏の空室率は4.9%に低下、5%を下回るのは2015年Q3…

「クルマを売る会社」ではなく「移動を売る会社」へ。トヨタの「e-パレット」がスゴイ【物流不動産ニュース】

トヨタがラスベガスで行われたCES2018に出展した「e-パレット・コンセプト」が、なんだかスゴイらしい。 可能性は無限大…

ページ上部へ戻る