© 物流不動産プレイヤーのための情報ポータルサイト イーカーゴ All rights reserved.

高専生が開発! 壁も登れるロボットハンドの無限大の可能性

高専生が開発! 壁も登れるロボットハンドの無限大の可能性【物流不動産ニュース】

これはおもしろい。

高専生が開発! 壁も登れるロボットハンドの無限大の可能性 (AERA dot. (アエラドット)) – ニュースパス
https://newspass.jp/a/by0bz

いや、壁には登らなくて良いと思うんですけどね(笑

吸着パッドの大きさや持てる重さを工夫すれば、コンビニのバックヤードなどの倉庫作業にも活用できる。
「24時間動かせるようにすれば、物流現場で活躍できます」と清水准教授。

自動倉庫の事例は、Amazonやニトリなどを筆頭にどんどん増えています。
課題はいくつかありますが、世間には「あらゆるモノを掴むことのできる汎用的なマニピュレーターは(たぶん)存在しません。人の手って、それだけ繊細なものなんですね。
この「万能真空吸着グリッパ」は、もしかしたら人の手につながるマニピュレーターのブレイクスルーになるかもしれませんね。

今後の進化に期待しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自動運転車初の死亡事故

自動運転車が、死亡事故を起こした!!

2018年3月18日、公道にて走行実験中の自動運転車が死亡事故を起こしました。 自動運転車としては、初の死亡事故となります。  …

ところで自動運転車って、いくらするの??

RoboCar MiniVan Autowareパッケージ 2,380万円(税別)~ RoboCar HV Autowar…

隊列走行

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート【物流不動産ニュース】

世界初! 国内4メーカーを交えたCACCによるトラック後続有人隊列走行テストが新東名高速でスタート 高速道路において、複数のトラック製造者…

首都圏大型物流施設の空室率は4.9%と好調【物流不動産ニュース】

CBREが三大都市圏の賃貸大型物流施設の市場動向(2017年第4四半期)を発表首都圏の空室率は4.9%に低下、5%を下回るのは2015年Q3…

「クルマを売る会社」ではなく「移動を売る会社」へ。トヨタの「e-パレット」がスゴイ【物流不動産ニュース】

トヨタがラスベガスで行われたCES2018に出展した「e-パレット・コンセプト」が、なんだかスゴイらしい。 可能性は無限大…

ページ上部へ戻る